Category Archive 'ローカルニュース':

品川ヒロシ監督が佐藤隆太を一刀両断!「芸人に向いてない!」

すべての写真を見る(5件)3月19日(土)から公開される映画「漫才ギャング」のジャパンプレミアが2月21日、都内で行われ、出演者の佐藤隆太、上地雄輔、石原さとみ、お笑いコンビ・ピースの綾部祐二、ロバートの秋山竜次、ミサイルマンの西代洋と、品川ヒロシ監督が登壇した。
同作は「ドロップ」(’09年)に続く、お笑いコンビ・品川庄司の品川の監督作第2弾。相方の保(綾部)から解散を告げられたお笑い芸人・飛夫(佐藤)は、トラブルに巻き込まれて留置場送りに。飛夫は、そこで出会った龍平(上地)のツッコミの才能に気付き、お笑いコンビ”ドラゴンフライ”を組む。
漫才に初挑戦した佐藤は「緊張しました。プロの芸人さんが多く出演されているので、その中で演じるというのはプレッシャーでしたね」と本音を告白。そんな佐藤について、綾部は「(佐藤は芸人に)向いていると思う。漫才に対する熱が漫才師と同じくらいあって、日常でも面倒くさいくらいボケてくる」と芸人としての素質を絶賛。一方、品川と西代は「向いていないです。(佐藤は)まじめなんですよ」とバッサリ。さらに品川は「顔合わせし終わった後に、本読みも何もしていない状態で『ネタ合わせして帰ります!』って言って、マネジャーと公園でネタ合わせしてたんです。芸人はふまじめなくらいがちょうど良いのに」と厳しく指摘。思わぬ駄目出しを食らった佐藤は「芸人役をやらせてもらって『向いてない』って…」とがっくりうなだれていた。
ドレットヘアーの不良少年・龍平役を演じている上地は「(この髪型は)大変でした。作るのに3人掛かりで8時間かかるんです。臭いし、重いし、肩が凝る」と、苦労を激白。そんな上地について、西代は「不良というか、やんちゃでしたね。絡むことが多かったんですけど、鼻クソ付けてきたり…」と暴露すると、品川も「俺、一応監督なのに、台本に鼻クソつけられた。すぐ脅かすし」とクレームを連発。
また綾部は、佐藤演じる飛夫の恋人役の石原を「さとみちゃんは、芸人のようにひたむきに夢を追いかけているような人に理解がある人なんじゃないかなと思う」と分析。それに対し品川は「お前がさとみちゃんと付き合い出したら、お前のことかわいがれない! 憎しみしか生まれない!」ときっぱり断言した。

“プリヤ”アニメ4弾!第9話、究極の選択!?

すべての写真を見る(8件)TOKYO MXほかで放送中のアニメ「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!」の第9話『イリヤの選択』より、先行カットとあらすじを紹介する。
本作は、魔法のステッキにだまされて魔法少女となったイリヤが、危険な任務に奮闘する姿や仲間との友情を描くアニメ第4弾。夏休みも終わりに近づいたある日、異変を察知したイリヤらの前に、現実離れした人影が現れる。戦闘後、平行世界にある真冬の冬木市で目覚めたイリヤは、そこが美遊の生まれ育った世界だと知る。
【第9話『イリヤの選択』】
美遊を犠牲にして、世界を救う…。エインズワースの真の目的は、美遊という聖杯を使って人類の救済を願うことだった。思わぬ展開に混乱するイリヤ。駆け付けてきたクロは、平行世界を救うことよりも、美遊が大事だと即断する。一方でイリヤは、美遊と世界を天秤(てんびん)にかけられ、答えを出せずにいた…。
なお第9話は、TOKYO MXでは8月31日(水)深夜1時5分より放送となっている。

SEKAI NO OWARI最新ライブ&映画を放送

すべての写真を見る(2件)WOWOWでは8月に、SEKAI NO OWARIの最新ライブ「The Dinner」の模様と、’14年公開の映画「TOKYO FANTASY」を放送する。
’10年、日本の音楽シーンに突如現われ、圧倒的なポップセンスと独特の世界観、キャッチーな存在感で幅広い層から支持を獲得し、一気に国民的人気バンドとなったSEKAI NO OWARI。’15年7月には日本最大規模の会場、日産スタジアムでの2DAYSライブで14万人を動員するなど、すさまじいスピードで音楽界を席巻している。
そんな彼らが、今春からスタートさせた全国ツアーが「The Dinner」だ。毎回凝りに凝った趣向で観客を異世界へといざなう彼らのライブだが、「The Dinner」と名付けられた今回のステージは、ボーカル・Fukaseが「結構怖いライブ」と言うように、森の中の怪しげな邸宅をイメージしたセットが展開され、観客を圧倒するスペクタクルに富んだ内容となっている。
さらに、ツアーでは初となるベースとドラム、ストリングスが加わったことで、サウンドもさらに進化。見て、聴いて、楽しむという”極上のステージ”が約束される。まさしく彼らにしか表現できない世界が目の前に広がるライブだ。この最新ライブツアーの中から、6月18日の埼玉・さいたまスーパーアリーナでの公演の模様を放送する。
また、最新ライブ放送直前に、SEKAI NO OWARIの世界観を外国人の監督の視点で切り取り表現した映画「TOKYO FANTASY」(’14年)もオンエアすることが決定。
監督はフランスの映像作家、ラファエル・フリードマン。Fukaseが「僕らと文化圏も違って、僕らのことをほとんど知らない監督に、感じたままの姿を撮ってほしかった」と語るように、フリードマンは何の先入観を持つことなく、ライブのリハーサル、本番、バックステージ、打ち上げの様子、そして東京での日常まで、彼らのありのままの姿を撮影。
しかしいわゆる”ドキュメンタリー”要素だけではなく、メンバーそれぞれのイメージシーンやショートストーリー、さらにアニメーションが随所に挿入され、作品全体が浅い夢を見ているような不思議な感覚にあふれている。SEKAI NO OWARIの音楽がそうであるように、今作も現実と異世界が交差し、幻想的な世界の奥底へ見る者を連れていってくれる。
映画とライブを続けて見て、SEKAI NO OWARIの唯一無二の世界にどっぷり浸ろう。

ダウニー・Jr.とビヨンセで『スター誕生』リメイク?

すべての写真を見る(2件)1930年代の名作映画『スター誕生』(37)の4度目のリメイクの話が進んでおり、ニック・カサヴェテス監督が2012年公開予定の新作のメガホンを握ることに決まったとDeadline Hollywood Dailyが伝えている。
同作はジョービズ界に生きる男女の悲恋を描いたストーリーで、主演2人の最有力候補にはビヨンセ・ノウルズとロバート・ダウニー・Jr.の名が挙がっているという。1957年のリメイク版ではジュディ・ガーランドとジェームズ・メイソンが、1976年のリメイク版ではバーバラ・ストライサンドとクリス・クリストファーソンがそれぞれ演じた役柄だ。
同作の4度目のリメイクが話題になったのは今回が初めてのことではなく、以前にもジョエル・シューマッカー監督が、ジェニファー・ロペスとウィル・スミス主演でリメイクを撮ると噂されたことがあったが実現には至らなかった。【UK在住/ブレイディみかこ】

ファンが語る”冬コミ”の良さとは?

すべての写真を見る(20件)12月29日(木)、東京国際展示場にて、”冬コミ”と呼ばれる同人誌の展示即売会「コミックマーケット81」が開幕。開催1日目から15万人を動員し、会場周辺は大混雑だった。そんななかで、コミケ歴20年というスタッフを発見! 忙しい最中ではあったが、”コミケの良さ””冬コミの良さ”について教えてもらった。
「コミックマーケット」は、業界団体主催の東京モーターショーなどを除けば、一民間団体主催では日本最大の屋内イベント。まんが・アニメ・ゲーム、その他、周辺ジャンルの自費出版(同人誌)の展示即売会として、夏に3日間、冬に3日間開催されており、35年以上の歴史を誇る。
今回話を聞いたのは、コミケ歴20年、その内スタッフ歴が18年になるというある男性。コミケの魅力とは何かと聞いてみると、「自己表現できるのが楽しいんです」と教えてくれた。「同人誌を作るような絵が描けなくても、たとえば、コスプレの衣装制作のための裁縫ができたら、自分の得意ジャンルをアピールする機会になる。また、この会場で何かをやっている人も、見に来ただけの人も楽しめるのが良いところですね」と話し、「毎回、スタッフとしてコミケ開催中の3日間は全部参加していますが、もみくちゃになろうと大変だと感じたことは一度もありません!」と、自身もコスプレの衣装を身につけた姿で爽やかに語ってくれた。
また、冬コミならではの良さについても聞いてみると、「冬は夏の景色と全く違っていて、終了時間の夕方にビックサイト(東京国際展示場)から見える夕日がとても綺麗なんです。それを見ると、今年も暮れていくな、と実感できる。3日間の最後は夕日を見て満足感いっぱいの気持ちになります」と微笑んでいた。
会場の様子やレイヤーが集う”コスプレ広場”の様子は画像でチェックしよう!【東京ウォーカー】

cobaが地元名古屋で初のソロコンサート

すべての写真を見る(3件)2014年1月31日(金)、東区の名古屋市芸術創造センターでアコーディオン奏者cobaのコンサートが行われる。11月6日発売されたアルバム「coba pure accordion」の全国ツアーで、初のソロコンサートとなる。
アコーディオンのイメージをポップに塗り替えてきたcoba。彼のオリジナル曲はコマーシャルや映画などに使われ、多くの人に親しまれている。今回のライブでは、それらのオリジナル曲はもちろん、坂本九の「上を向いて歩こう」やQueenの「We are the champions 伝説のチャンピオン」なども演奏される予定だ。
意外なことに、ソロでのコンサートだけではなく、ポップソングのカバーも今回が初という。アコーディオンのイメージを変えるため、伴奏やカバー、ソロ演奏を自ら禁じてきたからだ。今回のコンサートは、その禁じ手が解かれる記念すべきもの。「伴奏だってカバーだって、独奏だって関係ない」と語るcobaのアコーディオンを是非聞いてほしい。
記者懇談会では、地元名古屋のライブは手応えがあり、それは「お客さんが良いからだ」と話してくれたcoba。オリジナル曲から定番のポップソングまで様々な曲が演奏される全国ツアーは、誰もが楽しめるライブになりそうだ。

村上春樹 高倉健さんの『昭和残侠伝』でストレスを解消 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム]

11月10日は、昨年亡くなった高倉健さんの命日。一周忌に際して各地で記念行事が開催されていた。NHKBSプレミアムなどでも”高倉健特集”が組まれ、健さんの主演作品を一挙に放送したり、連日上映している映画館も。

健さんとゆかりが深い北九州市では、11月15日、『健さんに逢いたくて2015in北九州』と銘打ったメモリアルイベントが開催され、健さんと共演した富司純子らのトークショーや主演作品の上映会も行われた。

ヒット作品のロケ地であった北海道では、夕張市にある’77年公開の『幸福の黄色いハンカチ』のロケ現場を再現した観光施設『幸福の黄色いハンカチ想い出広場』に献花台が。

’81年公開の『駅 STATION』に登場した増毛町の『風待食堂』(現・増毛町駅前観光案内所)には記帳台が設けられた。

そして、’99年公開の『鉄道員』のロケ地であった南富良野町のJR幾寅駅にも献花台が設けられたほかに、健さんにあててメッセージを書いてもらおうと、付箋が用意され、訪れたファンはそれぞれの思いを書いて、駅舎の窓ガラスに貼っていた。

「中には中国語や韓国語で書かれたものもあり、健さんの人気は日本国内だけじゃなかったことを物語っています」(映画雑誌編集者)

亡くなって1年たっても、健さんの人気は衰えない。一般の人たちだけでなく、芸能界はもちろん、スポーツ界、政財界など、幅広く愛されていた健さんだったが、実は文学界にも健さんの作品を愛してやまない熱狂的なファンがいる。

「村上さんは若いころから健さんの大ファンで、ストレスがたまると健さんの映画を見に行ってスッキリしていたといいます。それも”任侠映画”ばかり」(映画ライター)

作家の村上春樹が映画好きだということは、ファンの間ではよく知られていることだが、健さんの大ファンでもあることを知る人は少ない。ウェブサイトで健さんの映画についてこう綴っている。

《学生時代に歌舞伎町で東映作品を見あさっていて、その中でも『昭和残侠伝』シリーズが最高だった》

『昭和残侠伝』シリーズは、『網走番外地』シリーズ、『日本侠客伝』シリーズと並ぶ健さんの代表的作品である。

「村上さんは健さんの映画を見るために、池袋の映画館にもたびたび足を運び、オールナイトで見るときもありました」(前出・映画ライター)

それだけではない。村上は頻繁に滞在する海外にも、健さんの映画のDVDや、劇中の台詞が入ったサウンドトラック盤のCDを持っていくほど心酔しており、またビデオテープやDVDも収集。

「東映に電話をかけては”あの映画はまだDVDにならないの? いつなるの”などとよく問い合わせていたと聞きました。自宅には健さんの任侠映画はほとんどそろっているようです」(映画関係者)

そして『昭和残侠伝』の中で村上がいちばん好きなシーンというのが、雪が降る中、健さんがひとりで殴り込みに向かうときに、横から兄弟分を演じた池部良さんが出てきてそっと番傘をさしかけるシーン。バックには健さんの歌う主題歌が流れる。

「映画の中で健さんが話す台詞の中で、村上さんがいちばん気に入っているのは”死んでもらいます”だそうです」(前出・映画ライター)

ファンタジーな飯テロアニメがこの夏放送

すべての写真を見る(2件)昨年テレビアニメ化が発表されたライトノベル「異世界食堂」の放送が、2017年夏に決定した。
「異世界食堂」は、小説投稿ウェブサイト「小説家になろう」で人気を博し、書籍や漫画などで展開中のファンタジー作品。
作品の舞台となるのは、オフィス街に近い商店街の一角にある、創業50年の食堂「洋食のねこや」。店の扉が週に一度だけ異世界とつながり、生まれや文化、種族もバラバラな客が来店する。
店で生まれる、異世界と現代、食堂に集う人々と店主、そして料理との一期一会をアニメで描きだし、温かな出会いの物語が展開される。
公開されたティザービジュアルには、美しく幻想的なエルフの森の中に、”作品の入り口”でもある「ねこや」の扉が。ファンタジーと現代の融合した不思議な世界が、柔らかな木漏れ日と共に描かれている。
また、本日より公式サイトとTwitterもオープン。さまざまな個性を持つキャラクターたちなど、最新情報が公開されていくとのことで、気になった人は要チェックだ。

2年に1度!大迫力のお神輿が赤坂を練り歩く

9月11日(金)~13日(日)の期間、「アークヒルズ秋祭り2015」が赤坂で開催。アークヒルズ内のアーク・カラヤン広場で、お神輿や山車、屋台や盆踊りが行われる秋祭だ。
すべての写真を見る(2件)

昔懐かしい縁日も

最大の見どころは、13日(日)の”お神輿”。アークヒルズ秋祭りの本祭である赤坂氷川神社の例大祭に合わせ、2年に1度行われるお神輿で、大勢の担ぎ手たちがお神輿を担ぐ様は圧巻のひと言。会場をより一層盛り上げること間違いなしで、お神輿はアーク・カラヤン広場を9:00に出発予定だ。
12日(土)には、広場の真ん中に現れるやぐらの周りで、東京音頭や六本木音頭などに合わせてみんなで踊れる「盆踊り」(18:00~20:00)を開催。また、射的やヨーヨー釣り、輪投げなど、昔ながらの屋台を楽しめる縁日も登場する。
連日、和にまつわるワークショップも行われ、「昔ながらの竹の水鉄砲を作って遊ぼう!」(随時受け付け先着20名、1000円)や「オリジナルの竹のmyお箸作り」(随時受け付け先着30名、500円)なども楽しめる。
子供も大人も楽しめるお神輿や屋台など、イベント盛りだくさんの秋祭りへ出かけよう。【東京ウォーカー】

サラ・ジェシカ・パーカー「一日に20分は夫を憎んでいる」

すべての写真を見る(4件)マシュー・ブロデリックと結婚して14年になるサラ・ジェシカ・パーカーは、結婚生活を長続きさせるコツは「毎日、夫を憎むこと」だと発言している。一日に20分間、夫を思い切り憎む時間を自分に許すことで、現在まで結婚生活を乗り切ってきたのだという。
「それは健康的で、リアリスティックなことだと思うの。一週間に20分ですむ人たちもいるだろうし、もっと不幸な人々は、1時間に20分は憎んでいるでしょう。私の場合は、彼を憎まないですむ日もたくさんあるわ」とKISS FMの朝の番組で、DJのライアン・シークレストに語ったと英紙デイリー・メイルが伝えている。
また、ハリウッドスターでありながら、家庭生活を堅実に維持することに成功している理由については、「長年、必死で働いてきて、圧倒されるような幸運と感謝を感じる。自分はとてもラッキーで恵まれているんだと思う時、家庭がうまく行かないわけがないでしょう」と答えたという。
サラとマシューの間には、長男ジェームズ(8歳)と、代理母出産で生まれた双子のマリオンとタビサ(2歳)がおり、近年はマシューの不倫報道や別居騒動、離婚の噂を乗り越えて結婚生活を続けている。【UK在住/ブレイディみかこ】