ハリポタ新シリーズ『ファンタスティック・ビースト』特別映像が解禁

2017年10月6日ハリポタ新シリーズ『ファンタスティック・ビースト』特別映像が解禁 はコメントを受け付けていません。

「ハリー・ポッター」の5年ぶりとなる新シリーズであり、原作者J.K.ローリングが脚本を手掛けることでも話題の映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(冬公開)。本作の最新特別映像が到着し、主役となる”ホグワーツ魔法学校”の卒業生で魔法学者のニュート・スキャマンダー先生らの様子が明らかになった。
すべての写真を見る(3件)本作の撮影の様子と主要キャストらのコメントが収められたこの映像。最新作で主人公ニュートを演じるエディ・レッドメインは、「まさに驚異の世界、こんな作品は初めてだ」と新たに描かれる魔法界への興奮を隠せない様子。また、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(07)から『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(11)まで4作品の監督を務め、本作でもメガホンを取るデヴィッド・イェーツが「この魔法の世界の舞台はニューヨーク。英国人のニュート・スキャマンダーが不思議な生物でいっぱいのトランクを持って現れる。彼(ニュート)のトランクから何匹か逃げ出してしまう。」と物語を解説し、レッドメインが続けて「それがキッカケとなり大混乱を引き起こすんだ」と説明する。
映画の全貌はまだまだベールに包まれているが、かつてないスケールの大冒険が展開することは間違いなさそう。ハリポタシリーズ全8作品のプロデュースを手がけ、本作でもその手腕を発揮するプロデューサーのデイヴィッド・ヘイマンは「鮮やかで美しい世界をJ.K.ローリングが作った。ユーモアもスリルも感動もある、誰もが楽しめる映画だ」と自信のコメントを寄せている。
世界を興奮に包んだシリーズ第一作『ハリー・ポッターと賢者の石』(01)の公開から15年。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」も好評を博し、未だ衰えることのないハリポタ人気を『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が再び加速させることになりそうだ。【Movie Walker】